Atomi & Shimizu Lab. 跡見・清水研究室

Department of Applied Chemistry, Graduate School of Engineering, Tokyo University of Agriculture and Technology, Division of Material Health Science (Corporate Sponsored Research Program)  

国立大学法人東京農工大学工学府 材料健康科学寄附講座

東日本大震災、平成30年7月豪雨の被害で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに被害にあわれた方々が1日も早く日常生活を取り戻せることをこころより願っています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された方々には謹んでお見舞い申し上げますとともに、1日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。


News update 200918

2020年9月15日 日本学術会議シンポジウムはおかげさまで好評のうちに終了しました。ご参加いただいた皆さまありがとうございました。次のシンポジウムをどうぞお楽しみに。



登壇者のプロフィール・発表要旨入りプログラムはこちら


~~~~~~~~~~~~~~~

Lecture Movies by Professor Yoriko Atomi, Ph.D.(跡見順子博士)による講演動画 6本 一挙公開!

Click on the title for a link to an exclusive Youtube release site.

タイトルをクリックしてください。Youtubeの限定公開サイトにリンクしています。

Please send us your comments and questions!

感想・質問をお寄せください


”GOOD POSTURE” based on “BODY-MIND INTEGRATIVE SCIENCE”~solving from sports, Japanese martial arts & culture, brain, and cell principles(身心一体科学を基盤とした "良い姿勢"~スポーツ・日本武道・文化・脳・細胞の原理から解き明かす)1:02:42


BODY-MIND INTEGRATIVE SCIENCE(全体概要と身心一体科学について)19:44


Common protein basis of muscle-nerve system and cell system(筋神経系と細胞系の共通タンパク質基盤)13:24


The discovery of a standing posture(立位姿勢の発見)26:23


Common Rule Controlling the COG of Cell & Human Body in Japanese culture(日本の伝統文化における細胞と人体のCOGを制御する共通ルール)40:59


Discovery of BODYFULNESS IN SUPINE POSITION(仰臥位で行うボディフルネス〜身体チューニング法〜の発見)22:41

~~~~~~~~~~~~~~~



依頼原稿(book chapter、査読あり) comming soon!

BODYFULLNESS IN SUPIN POSITION : Overcome Corona

with BODY-MIND INTEGRATIVE SCIENCE Education Based on

HSP/CRYAB Adaptation Theory

仰向けでの身心チューニング:HSP /CRYAB適応理論に基づく身心一体科学教育でコロナを克服


最新研究論文がJBの表紙を飾りました!


Dynamic localization of αB-crystallin at the microtubule cytoskeleton network in beating heart cells

Eri Ohto-Fujita, Saaya Hayasaki, Aya Atomi, Soichiro Fujiki, Toshiyuki Watanabe, Wilbert C Boelens, Miho Shimizu, Yoriko Atomi

The Journal of Biochemistry, Volume 168, Issue 2, August 2020, Pages 125–137, 

https://academic.oup.com/jb/article/168/2/125/5877511

Published: 29 July 2020 Article history


2021年1月 農工大・府中市連携講座開催予定@府中市生涯学習センター


******

Japan XR Science Forum 2020 in US Midwest

で、早崎沙彩さんがポスター賞Goldを受賞しました!

発表演題: 伸展刺激に対する細胞の応答機構を解明し、運動不足による疾患の予防を目指す

おめでとうございます。

Japan XR Science Forum2020




2013-2018年度放映→2020.4~ 特別講義セレクションとしてアーカイブス放送スタート!

「自分がわかる細胞健康科学」〜細胞・身体連携力学応答機構とスローエクササイズ効果〜

放送日時

3/31(火) 17:15  BS231


2020-2025年度放映予定 NEW!

身心一体科学からの健康寿命延伸~日本文化を先端科学につなぐ~

「身心一体科学」という人間自らの身体内で活動依存性を有する生命の単位である(多細胞動物の)細胞の生存戦略を、言葉や科学で理解し、細胞の活動と人間個体の行動との関係を結びつけ自らの存在を俯瞰することで、健康維持に必要な身心のメカニズムを学ぶ。また日本で生まれた能や茶道などの所作=身体技法が細胞や脳へのよい働きかけとなり、ひいては健康増進に結びつくことを理解する。

講師

跡見 順子 (東京農工大学客員教授・東京大学名誉教授)

森 常好 (能楽師)

髙松 祥子 (フリーアナウンサー)

放送日時

4/12(日) 18:45  BS231

****************

社会人博士・飯塚太郎さんの投稿論文が掲載されました。飯塚さんおめでとうございます!

皆さんダウンロードをお願いします。https://www.mdpi.com/2075-4663/8/2/19

Iizuka, T.; Hirano, K.; Atomi, T.; Shimizu, M.; Atomi, Y. Changes in Duration and Intensity of the World’s Top-Level Badminton Matches: A Consideration of the Increased Acute Injuries among Elite Women’s Singles Players. Sports 2020, 8, 19.


心筋細胞における分子シャペロンαB-クリスタリンによる微小管ダイナミクス維持機構に関する論文がJournal of Biochemistryにアクセプトされました。オランダのBoelens博士との国際共著論文でもあります。オンラインに掲載され次第、リンクをはります。

Dynamic localization of αB-crystallin at the microtubule cytoskeleton network in beating heart cells

Eri Ohto-Fujita, Saaya Hayasaki, Aya Atomi, Soichiro Fujiki, Toshiyuki Watanabe, Wilbert Boelens, Miho Shimizu, Yoriko Atomi*



課程博士の早崎沙彩さんのメカのバイオロジー領域ではじめての分子シャペロンの機能研究がJJAPに掲載されました。沙彩さん、おめでとうございます!

https://iopscience.iop.org/article/10.7567/1347-4065/ab65aa/meta




Publication list is here.

研究業績はコチ


Please visit our research page. (under construction)

研究の紹介はコチラ(工事中)


Are you intersted in following Keywords?

cells in your body, microtubule dynamic instability, cytoskeleton, mechanical stress, slow muscle, molecular chaperon, small HSPs, αB-crystallin, eggshell membrane, ECM, type III colaagen, decorin, mmp2, wound-healing, anti-aging, plumonary fibrosis, tai-chi, body and mind integrative science


Let’s join the Atomi & Shimizu Lab.!

Doctoral and Master course graduate students, Post-doctoral Fellows are wellcome

博士前期課程(筆頭免除試験による入学もあります)・博士後期課程・社会人博士・日本学術振興会PD・ポスドク等を受け入れています。  

  

Prof. Yoriko Atomi


Let’s collaborate with Atomi & Shimizu Lab.!

If you are interested in collaboration, Lecture, Book publication, Lab. visit, and etc. please contact to Ms Yuri Inoue (atomilab.secretary (at) gmail.com) or Dr. Miho Shimizu (mshmz (at) cc.tuat.ac.jp). 

共同研究および講演・出版・研究室訪問に関心のある方のご連絡もお待ちしています

    連絡先: 秘書(井上)atomilab.secretary (at) gmail.com or mshmz (at) cc.tuat.ac.jp(清水)



Lab. History 研究室沿革

Atomi Lab. I

Department of Life Sciences, The Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo (1994.4~2007.3) 東京大学大学院総合文化研究科 跡見研究室


Atomi Lab. II

Body-Mind integrative research project, The University of Tokyo Integrated Research System for Sustainability Science (2007.4-2009.3) 東京大学サステナビリティー学連携研究機構(IR3S)・地球持続イニシアティブ(TIGS) "身心一体学"プロジェクト


Atomi Lab. III

Radioisotope Center, The University of Tokyo (2009.4~2013.3) 東京大学アイソトープ総合センター 跡見研究室


Atomi & Shimizu Lab. (Atomi Lab. IV)

Material Health Science Laboratory, Graduate School of Engineering, Tokyo University of Agriculture and Technology (2013.4~) 

東京農工大学工学府 材料健康科学寄附講座 跡見・清水研究室



----------------------------------------------------------------------

企業との共同研究をしています Industry-academia collaboration with Almado Co.

株式会社アルマード

*Yuriさんによる研究室facebookはこちら

Copyright©Atomi&Shimizu Lab, All Rights Reserved  

https://www.japanxr-science-forum.org/post/_c006